閉じる
閉じる
閉じる
閉じる

不用品処分解決ガイド

不用品の処分方法を解決できるサイト

不用品の捨て方にどんな種類があるのかを解説

無料で不用品を捨てるには

不用品を処分するためには、お金がかかる場合があります。粗大ごみやテレビ、冷蔵庫、エアコンなどはお金を支払って回収してもらうのが基本です。しかし、無料での捨て方もあり、その不用品がまだ使えそうなら誰かに譲るのも有効な手段です。

押し付けてはいけませんが、まだ使えるようなら知り合いの中から引き取り手を探すのもよいでしょう。もしくは、インターネットオークションやバザーなど売却する方法もあり、こちらは不用品を捨てることでお金を得られるのが魅力です。もっとも、これらの方法は不用品に価値があったり、まだ使える状態でないと利用できません。まだ利用可能な家電なら需要もそれなりに期待できるので、譲渡や売却も視野に入れてください。

粗大ごみと家電リサイクル法

家電リサイクル法ではエアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機の家電4品目を対象として、処分方法が定められています。
テレビは液晶・プラズマ・ブラウン管、冷凍庫や衣類乾燥機なども含まれています。これらの家電に利用されている資源を活用するために定められたのが家電リサイクル法なのです。

引用:【公式サイト】関東エリア(埼玉・東京・千葉・神奈川)の不用品激安回収ならエコアール

誰も引き取ってくれなさそうな不用品の場合はごみとして捨てるのが基本ですが、先に書いたようにお金を支払わないといけないものもあります。粗大ごみ、家電リサイクル法の対象の家電などはお金を支払わないと処分ができないので、扱いに困る不用品です。家電リサイクル法の対象の家電は自治体では引き取ってくれませんが、普通の粗大ごみとして出せるものは自治体にお願いするのが基本です。

粗大ごみの出し方は自治体によってやや差があるので一概には言えませんが、あらかじめ何を出すかを申し込んだ上で、粗大ごみの処分に必要なごみ処理券を購入する方式がよく見られます。先に書いたように家電リサイクル法の対象の家電はごみとして処分できず、他にも日時の指定があるのですぐにごみの処分ができないのも難点です。家電リサイクル法の対象であるテレビや冷蔵庫などは、買い替えの際に小売店に引き取ってもらうのが基本です。

他にも一部の自治体では粗大ごみとは別枠で引き取ってくれる場合があるものの、小売店にしても自治体にしても費用はかかります。

手持ちのテレビを処分する方法
冷蔵庫を処分する方法

不用品回収業者を利用するのも手

これらが不用品の捨て方として挙げられる方法ですが、不用品回収業者を利用するのも手です。不用品回収業者なら粗大ごみであっても家電リサイクル法の対象の家電であっても回収してくれるので、これらをまとめて処分したいなら有効な方法です。

この不用品回収業者の難点は信頼できない悪徳業者が存在すること、それに料金が高めに設定されている点ですが、これらは業者をしっかりと吟味することである程度は避けられます。どんな不用品があるのかによって最適な選択肢は変わりますので、捨て方を比較検討した上で最適だと思われる方法を選んでください。

ページ上部へ戻る