閉じる
閉じる
閉じる
閉じる

不用品処分解決ガイド

冷蔵庫を処分する場合に取れる選択肢について

買い替えと同時に引き取ってもらう

普段の生活を支えてくれるのが冷蔵庫ですが、一方で処分したいと感じた時に簡単に処分できないのは難点です。冷蔵庫は家電リサイクル法の対象なので、自治体にお願いしても無料では引き取ってもらえません。

この厄介な冷蔵庫をどう処分するかですが、買い替えに伴う処分なら販売店の方で引き取ってもらうのが最も簡単です。お願いすれば、自宅まで新しい冷蔵庫を運んでもらうついでに、古い冷蔵庫の方を回収してくれます。
リサイクル料や運搬料金などはかかるものの、非常にスムーズな形で処分可能なのは大きな魅力です。買い替えでない場合も、基本的には冷蔵庫を販売したお店側に冷蔵庫を引き取る義務があるので、特に理由がないなら購入した販売店に連絡をしてください。

自分で持ち込む

すでにその販売店がなくなっていたり、引っ越したなどの理由で引き取ってもらうのが難しい場合は、自分で指定引取場所まで持って行くやり方があります。郵便局などで家電リサイクル券を使い、あらかじめリサイクル料金を振り込む必要はあるものの、持ち込みなら運搬料金に関しては支払う必要はありません。

運搬料金が不要なのでコスト的には有利なやり方ですが、冷蔵庫を指定引取場所まで運ぶのはなかなか大変です。どの都道府県にも指定引取場所はありますが、住んでいる地域によっては指定引取場所まで非常に遠く利用が厳しいケースもあります。

基本的に都心部や大きな都市の周辺ほど指定引取場所が多く、近くに指定引取場所があり冷蔵庫の運搬ができるようなら持ち込みを検討してもよいでしょう。

不用品回収業者でも対応可能だが

他には不用品回収業者を利用するやり方もあり、これらの業者は冷蔵庫など家電リサイクル法の対象であっても引き取ってくれます。

ただし、業者によっては無許可にも関わらず営業しているところもあり、そのような業者を利用すると不法投棄される恐れもゼロではないので、業者を領するなら必ず信頼できるところを選んでください。他にはリサイクルショップに買い取ってもらったり、インターネットオークションを利用するなどして新しい持ち主を探す方法もあります。

インターネットオークションで高く落札してもらえるならお金も入ってくる上に、リサイクル料金を支払う必要もありません。ただし、古いなどデメリットを抱えている冷蔵庫の場合は使いにくい方法であり、その場合は確実に処分できる方法を選んでください。どの方法にもメリットとデメリットがあるので、費用面の負担などをよく比較して最終的に処分方法を決めるとよいでしょう。

ページ上部へ戻る