閉じる
閉じる
閉じる
閉じる

不用品処分解決ガイド

ランドセルはどう処分したらいい?

お子さんが卒業した後にランドセルはどうしていますか?6年間の思い出のつまったランドセルを取っておきたいという人もいますが、収納場所がないので処分したいという人もいます。どのように処分したらよいのでしょうか?

不燃ごみに出す

処分したという方は、不燃みとして処分するとよいでしょう。ランドセルの素材は革製品、プラスチック、金属などです。自治体によっては、パーツを取り外して細かく分類すると決まっている場合もあります。自治体の発行しているごみ捨てに関するお知らせや、自治体のホームページなどで捨てる前に確認しましょう。
処分する前に、写真を撮っておけば、思い出として残しておけるでしょう。

リサイクルする

ランドセルは高価なものです。6年間の使用に耐えるように、良い素材で頑丈に作られています。そこで、ミニチュアランドセルなどのリメイク品として生まれ変わらせるという人も増えています。ミニチュアならば、場所をとらないので子供部屋やリビングに飾っておくことができます。また、ランドセルをキーケース、パスケース、財布、小銭入れ、ブックカバー、ペンケースなどにリメイクして使う人もいます。一つのランドセルから2つ程度の小物が作れます。ランドセルは押し入れなどで長く保存しておくと、湿気で劣化してしまうので、しまい込まずにリメイクするのがおすすめです。お子さんの中学の入学祝にあげてもいいですし、思い出として親が使うこともできるでしょう。祖父母に贈るのも喜ばれそうです。

寄付する

役目を終えたランドセルを寄付して、発展途上国の子供たちに贈るという処分方法もあります。途上国には教育の機会に恵まれない子供たちが大勢います。特に、「女の子に教育は必要ない」という考えが、アジアや中東のいくつかの国々にはまだまだ根強く残っています。ランドセルを受け取ることで、発展途上国の子供たちが教育の機会を受けられる可能性が広がるのです。ご自分のお子さんにとっても社会貢献を考える良い機会となることでしょう。

ネットオークションやリサイクルショップを利用する

ランドセルの状態がよければ、近所のリサイクルショップに売ったり、ネットオークションを利用するのもいいでしょう。出品するには、写真を撮ったり、購入者とメールでやり取りしたり、発送したりという手間はかかります。ですが、いくらかでも収入になるというメリットはあります。本当に欲しい人に使ってもらえるのはうれ

ページ上部へ戻る